ウーマン

洗顔を見直すだけで敏感肌から解放されるという事実

ウーマン

肌が敏感でも安心洗顔

敏感肌の人にとって、毎日の洗顔はとても大切です。洗顔の仕方一つで、肌荒れを起こしてしまったり、逆に潤いのある美しい肌を作る事も可能になります。その為には、しっかり石鹸を泡立て、泡で優しくマッサージをする様に洗い上げましょう。また、洗顔後はきちんと保湿を行い、潤いを逃さない工夫が大切です。

基礎知識を高める

洗顔

肌への刺激を減らす

敏感肌の人の場合は、洗顔についてもしっかり意識をして行うことが大切です。普通の肌質の人と比べ、敏感肌であることで洗顔により肌へのダメージが起こったり、ダメージを受けた場所が完治しにくくなったりします。まずは正しい洗顔方法を見につけ、そして化粧品を選ぶ場合も意識を働かせる必要があると言えるでしょう。敏感肌の場合、間違った洗顔方法やクレンジングでセラミドを失っている傾向にあります。また、肌を擦り過ぎてしまい、肌に必要な角質が極端に薄くなってしまっている傾向にもあります。こうした状況が積み重なってしまい、肌のターンオーバーでは対処できなくなり、肌荒れがどんどんと進行してしまいます。正しい洗顔方法としては、まずは必ずしっかり泡立てて行うことが鉄則です。肌の上を転がすように泡を使い、肌にストレスを与えないように意識しましょう。こうした洗顔方法でも、十分肌の汚れは落とすことができます。ごしごしと擦らないと汚れは落ちないという考え自体を、まずは捨てることから始めるべきでしょう。そして、洗顔料を選ぶ場合にはできるだけ無添加の物を選ぶようにしましょう。敏感肌への刺激を少しでも減らすことを考えた場合、余計な成分が含まれていない物を選ぶことは基本です。肌のターンオーバー能力を高めるという意味でも、添加物は含まれていないことは重要になります。そして、洗顔を行った後には、肌をしっかり保湿してあげることも忘れないようにしましょう。