レディ

洗顔を見直すだけで敏感肌から解放されるという事実

  1. ホーム
  2. 肌が敏感でも安心洗顔

肌が敏感でも安心洗顔

ウーマン

ごしごしこすり洗いは禁物

ちょっとした刺激で肌が赤くなってしまうなど、敏感肌の方にとって間違った洗顔の方法は致命傷になりかねません。そこで毎日の洗顔で肌を良くする為の洗顔方法を覚えて、肌を労わりながら汚れをしっかりと落としていきましょう。敏感肌の場合、肌のバリア機能が十分に働いていない状態です。その為、ほんの少しでも刺激があればそれに反応してしまい肌荒れを起こしてしまう可能性があるでしょう。その為、毎日使用する化粧品は肌に刺激が少ない、添加物など入っていない物を使用するとよいです。また、肌の乾燥も敏感肌の原因の一つです。その為、洗顔をした後は、十分に保湿を行い、肌の乾燥を防ぎましょう。では実際に敏感肌の方の正しい洗顔方法を紹介していきましょう。まず手のひらで洗顔石鹸を泡立てて行きます。お湯を混ぜてきめ細やかな泡を作っていきましょう。この泡が毛穴に入り込み、汚れを取り除いてくれます。しっかり泡立てたら、その泡で優しく顔を包み洗っていきましょう。この時も、ごしごし力を入れて洗うのではなく、優しくソフトに洗う事が大切です。その後、ぬるま湯でさっぱり洗い流せばきれいに洗い上げる事が出来るでしょう。また、洗顔後はしっかり保湿をして水分を肌に閉じ込めて行きます。その際おすすめするのがセラミドやグリセリン、ヒアルロン酸です。セラミドは保湿効果が大変高く、水分を肌の奥に溜め込む力を発揮してくれる成分です。グリセリンも肌に水分を溜め込む力が強く、ヒアルロン酸との相性もばっちりなので特に敏感肌の方は使用してみましょう。保湿をする際は、化粧水で肌を整え、クリームで蓋をする事が大切です。そのままにしてしまうと、水分が蒸発してしまうので気をつけましょう。