レディ

洗顔を見直すだけで敏感肌から解放されるという事実

  1. ホーム
  2. 敏感肌の洗顔法

敏感肌の洗顔法

ソープ

泡で洗うのがポイントです

肌が荒れやすい、刺激に弱い、すぐに赤くなってしまう、ヒリヒリするなど、敏感肌に悩んでいる方はけっこう多いですよね。敏感肌の場合、スキンケアに使う化粧水や乳液、メイクに使うファンデーションや下地など、肌につけるものを選ぶときにはすごく気を使って選びますよね。でも実は、肌につけるスキンケア用品やメイク用品を選ぶのと同様に、洗顔選びもこだわってほしいポイントなんです。洗顔は、朝晩必ず行う習慣ですから、肌にとっても重要です。洗顔の仕方によっては、肌にすごく負担をかけてしまっている可能性もあるんです。とくに、敏感肌の場合は洗顔のときも肌に刺激を与えずに優しく洗うことが大切ですので、気をつけましょう。敏感肌の洗顔方法としてとにかく重要なのは、泡で優しく汚れを落とす、肌に刺激を与えない成分の洗顔料を選ぶということです。洗顔料をよく泡だてて使うというのはもはや常識となっていますが、泡でごしごしとこすってしまっては全く意味がありません。顔の皮脂や汚れを効果的に落とすためには、「泡で洗う」という意識を持つことが大切です。きめ細やかな泡をしっかり立てて洗うことで、泡が勝手に汚れを落としてくれるんです。汚れを落とすのは手の力ではありません。泡そのものなんです。フワフワの泡の上から手で優しく顔をなでるようにして洗いましょう。洗顔料の選び方としては、香料やアルコールが入っていないもので、無添加などの表記がある物が安心です。決して高いものでなくても大丈夫です。シンプルな成分でできたプチプラの物でも肌に合っていればOKです。