レディ

洗顔を見直すだけで敏感肌から解放されるという事実

  1. ホーム
  2. 敏感肌の洗顔

敏感肌の洗顔

婦人

優しく洗いましょう

もしかしたら自分は敏感肌なのかも、と感じたことがある人は意外に多いかもしれません。すぐに肌荒れしてしまう人、化粧品やスキンケア用品を新しくすると赤くなってしまったり、ヒリヒリしてしまったり、ひどい場合にはかぶれてしまうなど、敏感肌の人は肌に触れるアイテムを選ぶときに少し注意する必要がありますよね。化粧品など肌に付けるものには意識が向きがちなのですが、意外に忘れがちなのが洗顔料の選び方です。洗顔料は基本的に洗い流すものなので、わりとどんなものでも平気ととらえている人もいるかもしれませんが、敏感肌の人の場合は洗顔料の選び方にも気をつけてほしいとおもいます。敏感肌や肌の弱い人が使う洗顔料は基本的に刺激が少ない物がオススメです。肌と同じ弱酸性の物や、界面活性剤が入っていない物、防腐剤や香料などが入っていない物など、肌に優しいものを選びましょう。実際に洗うときには、洗顔料を必ずよく泡だててください。泡で優しく洗うことで、肌に刺激を与えずに汚れを落とすことができます。洗顔料を泡立てる時は専用のネットを使うと簡単です。また、元々泡で出てくるタイプの洗顔料もありますので、面倒くさがりの方や、お子さんと一緒に入浴する忙しいママさんなんかにはそちらもおすすめです。敏感肌用の洗顔として売られているものや、赤ちゃん用のベビーウォッシュを使うのも一つの方法です。敏感肌にはとにかく刺激がNGですので、洗顔後もゴシゴシとタオルで拭かずに優しく水分を拭き取ってくださいね。